IAAF世界リレー2019横浜大会エントリーリスト発表!

2019 / 05 / 01

5月11・12日に開催となる「IAAF世界リレー2019横浜大会」のエントリーリストが発表され、47チーム790人のアスリートが参加することが分かりました。

エントリーリストは<こちらから>ダウンロードできます。

近年の国際大会において4x100mRや4x400mRでメダルを獲得しているすべてのチームが参加します。

男子4x100mR:世界チャンピオンのイギリスとオリンピックチャンピオンのジャマイカがともに参戦。また、アメリカチームには、ダイヤモンドリーグの200mで2度優勝しているノア・ライルズがエントリー。一方で、ホスト国の日本はベストメンバーを送り込みます。

男子4x200mR:日本チームは、男子4x200mRにも強力メンバーをエントリーしています。さらに、この種目には、世界リレー2017で準優勝したアメリカや世界記録を持つジャマイカもエントリーしています。

男子4x400mR:前回世界選手権の優勝国トリニダード・トバゴとオリンピックチャンピオンのアメリカとの対決再び。また、ボツワナやベルギー、バハマ、ジャマイカも注目の的となるでしょう。

女子4x100mR:世界選手権とオリンピックの覇者アメリカが、100mで世界を制したトリ・ボウイを主力とするチームを編成。イギリスとジャマイカのチームには、それぞれ2017年世界リレーの銀・銅メダル獲得に貢献した選手が多数含まれています。

女子4x200mR:2017年世界リレーの金銀銅のジャマイカ、ドイツ、アメリカが横浜で再び相まみえます。

女子4x400mR:世界選手権とオリンピックを制しているアメリカは、金メダル最有力国としてスタートラインに立ちます。しかし、ジャマイカやヨーロッパチャンピオンのポーランドも手強い対抗馬となることが予想されます。

男女混合4x400mR:24チームがエントリー。バーレーンチームには、ダイヤモンドリーグで優勝したサルワ・エイド・ナセルがエントリー。

混合シャトルハードルリレー:7チームがエントリー。フランスチームには欧州チャンピオンのパスカル・マルティノ-ラガルド、ジャマイカチームにはコモンウェルス大会優勝のロナルド・レヴィ、アメリカチームには世界室内銀メダリスト、クリスティーナ・クレモンズなどが揃っています。

男女混合2x2x400mR:8チームがエントリー。アメリカチームにはドナバン・ブレイザーがエントリーしています。

最終的なリストは5月10日(金曜日)に発表されます。

 

▼チケット絶賛発売中!
https://iaafworldrelays.com/yokohama2019/ja/t_info-2/

@IAAFYokohama19
#FasterAsOne

11 - 12th May 2019